保険相談で人気の保険ショップはどこ

保険金は、生命保険会社に請求しなければ受け取ることができません。満期保険金の場合は、保険会社のほうで、そのデータがわかっているからよいのですが、それ以外の保険だと自己申告しない限り、不慮の事故や死亡といった事実は保険会社に伝わりません。

つまり、保険金支払事由の発生したことが、保険会社で知ることができないのです。契約者や被保険者による請求手続きが必要になってくる理由です。では、満期保険金、死亡保険金の請求手続きについて簡単に説明しましょう。入院などの請求手続きについては後述します。

満期保険金

保険の満期が近づくと、保険会社から一満期保険金のお知らせ」が送られてきます。請求に必要な案内が詳しく説明されていますから、必要事項を記入して提出すればよいだけです。満期保険金の場合は、忘れていても安心というわけです。

死亡保険金

被保険者が死亡したときは、すぐに保険会社に連絡をとるようにします・連絡を受けた保険会社から、請求に必要な書類の案内が送られてきます。それに従って請求手続きをすることになります。ここで気をつけなければならないのは、請求権には時効があるということです。

被保険者が死亡してから三年間請求がないと、自動的に時効となります。保険金請求権がなくなってしまうので注意が必要です。

保険金の受取方法

満期保険金、死亡保険金ともに保険金の受取方法には、二つあります。一つは、保険金を一括で支払ってもらう方法です。これは、必要な時期が来るまで保険会社に預けておくこともできます。利息もつきます。もう一つは、年金と同じように何年かに分けて一生涯支払ってもらうという方法です。

これだと毎年決まった時期に保険金の支払いがあるので、遺族は安心していられます。満期保険金の場合だと、被保険者が元気なので、保険金の使い方などを心配する必要はないといえるでしょう。しかし、死亡保険金の場合は、残された遺族が保険金を受け取ることになります。それだけに、保険金の一堂取方法は、遺族のことを考えて慎重に決めることが大切です。

保険相談 窓口 人気

保険相談で準備することとは

保険の基本を忘れて、ただ「医療費は高い」という漠然とした思い込みだけで、宣伝に操られるように、「保障が厚い保険に入らなくては。複数の保険に入って、あらゆるリスクをカバーしなくては。掛け捨てはもったいないから、ボーナス付きの保険に入らなくては。

そうそう、医師の診査がない保険がいいな」などと考えてしまう人が多いようです。医療保険選びを間違える根本的な原因は、まさにここにあります。正しい保険選びをするためには何よりもまず、いったんは宣伝をシャットアウトする必要があるでしょう。

医療費にはどのくらいかかるのか、だいたいの金額を把握し、自分はどんな保険に加入したいのかを明確にすることをおススメします。まずシンプル・イズ・ベスト保険でもこれが基本です。

入院日額はいくら必要か実際に必要な医療費を把握する

では、将来必要になるかもしれない医療費を、だいたいいくらくらいに見積もればいいのでしょうか。これは非常に難しい問題です。というのも、自分がどんな病気にかかるのかは「神のみぞ知る」という世界ですし、その病気の種類や手術の有無、入院日数、差額ベッド利用の有無、食事代、看病のために病院に通う家族の交通費等によって、かかる費用はまちまちだからです。

突き放すわけではありませんが、「入院日額いくらの保障なら安心」と言えるものはありません。けれども、「一生、病気を息わない」保証はどこにもないので、医療費を推計する際にはやはり、保険や貯蓄では対応できない「医療費の高い疾患」を想定しておく必要がありのホlムペlジ等でも調べられるので、そういったものを利用して、心配な病気に関するます。その代表はガンや糖尿病、脳血管疾患等でしょう。

目安となる医療費概算額をざっくりした数字で言うと、たとえば乳ガンなら初日の入院で100万円、直腸ガンなら却日の入院で120万円、胃ガンなら位日の入院で160万円、脳血管疾患なら110日の入院で210万円といったところでしょうか。この種の数字は、医療費のシミュレーションをするサービスを提供している生損保会社情報を集めておくのも一つの方法です。

ただし、それらのペlジは最終的には、「自社のこの保険が最適」とススメるのが目的ですから、あくまでも情報収集に徹してください。それはさておき、不幸にして「医療費が高い」病気になったとしても、3割負担がそのまま患者負担額になるわけではないことを忘れてはいけません。

健保・国保には「高額療養制度」というものがあって、「同一の医療機関に支払った一定額以上の自己負担分の医療費については、加入している健康保険から全額払い戻される」のです。

月収回万円以上の「上位所得者」と、それ未満の「一般」、「低所得世帯」によって条件は異なりますが、それぞれに「自己負担限度額」が定められています。のっとこの規定に則って、たとえば「乳ガンで初日入院して100万円の医療費がかかった」

保険相談をする理由

ひと括りに「共済」とはいうものの、今までは共済には、「根拠法を有する共済」と「根拠のない共済」がありました。「認可共済」と「無認可共済」です。

「無認可共済」という言葉を目にして、怪しい印象をお持ちの方もいると思いますが、文字にこだわる必要はないと思います。私たちの選ぶポイントは「安心Ji安全」の確認にあるのですから。

すでに生命保険の選び方でもジャッジしてきましたが、「掛け捨て」という言葉の響きは損な印象ですが、じっくりと見てみれば重要な魅力を備えていたわけです。保育園でも「認可」と「無認可Jがありますが、多くの親が体験しているように無認可保育園の柔軟性ときめ細やかさは、認可保育園では補えない良さがあります。

共済制度も同様で、文字面ではなく、私たちのことを考えてくれているのかどうか、実質が大切だと気づきました。根拠法の有無について、共済にまつわる法律を少し見てみましょつ。まず、JA共済・全労済・県民共済・COOP共済などはそれぞれの根拠法にもとづく共済です。それぞれに監督官庁が所在する「根拠法を有する共済」です。これに対して、「根拠法のない共済」は、許認可をする監督官庁がいない共済でした。

それをもって「無認可共済」と呼ばれていたのです。長く保険業界にいて痛感したことは、認可が加入者の安心・安全を保障することにはならないということでした。保険業法の認可を受け、監督官庁の護送船団方式のもとにあった数々の生命保険会社の破綻がそれを証明しています。

要は、保険加入者をどのようにして守ろうとしているかの見極めこそが、保険の命ということです。果たして何歳まで保障するのか、医療保障は長期入院、再入院、再々入院でも保障されるのか。さらに、2005年4月22日には、保険業法などの一部が改正されました。

改正法は、無認可共済のうち、特定の人から保険を引き受ける事業者について保険業法の規定を適用する一方で、見舞金や葬儀費用など少額で短期保障の共済を扱う業者は「少額短期保険業者」として、免許制より簡易な登録制で参入することを認める、としています。国の許認可=安全、ではないものの、この改正によって、保険契約者が保護されるのであれば、業界全体のためにもなるでしょう。

医療保険の落とし穴

医療保険に加入する時に もっとも大切なことは 「1回の入院で最長何回まで保障されるか?」ということなのです(以下は④の回答)。これをきちんと見ておくことです。60日型、120日型、180日型、360日型、730日型、1000日型、1095日型、無制限(=通算限度目数)などありますが、60日型と1000日型では約17倍も保障期聞が違います。

他の項目が同じ条件でも、この「1入院保障日数」(1回の入院保障日数です。これをとくに強調したいと思います)が多いか少ないかによって保険料が変化することに注意してください。

コマーシヤルで「保険料が安い」と言っているのはほとんど60日以下です。医療保険(特約も同じです)の約款上の落とし穴として、「支払い事由に該当する入院を2回以上し、かっ、それぞれの入院の直接の原因となった疾病、不慮の事故その他の外因による傷害等が同ーかまたは医学上重要な関係があると会社が認めた時は、1回の入院と見なす。

ただし、疾病入院給付金が支払われることとなった最終の入院の退院日の翌日からその日を含めて180日経過後に開始した入院については、新たな入院と見なす」という一文があります。わかるような、わからないような文章ですから、読み飛ばしてしまうかもしれませんが、ここには非常に大切なことが記されているのです。

要するに、11回目の入院」で11入院保障期間以上入院」して、「同ーかまたは医学上重要な関係がある2回目以降の入院給付金を請求する場合Jは、「最後の入院の退院日より180日(簡易保険は1年間)以上経過した入院開始日でない入院は支払わない」ということなのです。これは大きな落とし穴です。

医療保険に加入する目的は、長期入院や再入院、再々入院などの時、「あなたの家族が経済的に困らないため」です。長期にわたる入院が必要になった時こそ、保険が役に立つのです。それをきちんとふまえて、医療保険を選んでいただきたいと思います。

現実の今の生活を守るためには、死亡保障以上に医療保障が大切です。そして大切なことは1入院で続けて保障される期聞が360日以上は欲しいということなのです。さらに契約の継続更新可能期聞が84歳までは欲しいものです。これを必ず考慮に入れていただきたいと思います。

保険の入り方は相談して決める

いままでは個人の市場で保険に加入する時のケースを考えてきましたが、ここでは法人企業(会社)で加入する場合を見ていきましょう。自営業ながら法人組織にしているというのは、よくあるケースです。

そのようなお客様が保険に加入する時、個人の立場と、法人企業の立場では、利用する環境があまりにも違いすぎます。この2つの立場は別物として考えたほうがよいでしょう。大きな違いは税制上の違いです。保険に入る時は、個人で入るのか、法人企業で入るのかによって、チェックポイントが異なることを覚えておいてください。

個人は所得税・相続税・贈与税で管理されていますが、法人企業は主に法人税で管理されています。個人に課せられる所得税に比べ合法的な節税方法が法人税にはありますので、高い生命保険料を支払っても採算が合うでしょう。

法人企業には生命保険会社の保険商品を活用してもらうのが得策かと,思っています。ここで1つ、余談ではありますが、法人の生命保険について重要なネ見点を記しておきたいと思います。生命保険業務の中で私は、死亡保険金と高度障害保険金などのお支払い手続きは49件、死亡保険金総額では約11億円のお支払い手続きをさせていただきました。

その中でも不幸なことに、法人契約のお客様の中で4人の方が自ら命を絶ってしまわれたことがあります。1人の方はうつ病が原因の自殺で、他の3人の方は、まさに「保険金目当ての自殺」でした。この3人のうち2人の方は社長で、1人の方は財務担当役員でした。3人ともlつの生命保険会社ではなく複数の生命保険会社に加入されていました。保険金額では3人とも1億円を超して加入していました。

死亡保険金の支払い請求手続きをする時に、もし私の勧めた生命保険に加入しでさえいなければ、自殺をするまでの決断には至らなかったのではないかと考えると、いたたまれぬ気持ちになりました。

それまでは個人の生命保険を販売するのと同じように、その会社のニーズ分析として、「主柱である社長に万が一のことがあったらどうなるだろう」と考えて保険を販売していたのです。

つまり残された社員の半年分の給与、短期長期の負債残高、社長の死亡退職金額を設定し、また杜長の勇退時の退職金準備を含めて、多くの場合は終身保険や長期定期保険をベースにし、逓増定期保険なども含めて法人税を前提に財務体質の強化をするべく提案をしてきました。

とはいえ、ほとんどの中小企業は、社長やその他の有能な役員の人格や能力によって会社経営ができていると思ってよいでしょう。仮に社長が死亡して生命保険会社から死亡保険金が支払われたとしても、その死亡保険金は、単なる現金にすぎず、死亡した社長の人格や能力や判断力がついているわけではありません。